2011年10月09日

10/16は里美で落ち葉さらい!

友人が里美(常陸太田市)で里山の清掃を行います。ボランティア大募集中! 僕も参加します。

落ち葉ネットワーク里美HPより


〜農家と地域住民による里山除染大作戦〜
私たち、落ち葉ネットワーク里美は、2009年から地域循環型の有機農業を展開してゆくために、農家と市民が共同で地区内の荒れた雑木林を開墾して、落ち葉の利用に取り組んできました。これは日本人が太古の昔から続けてきた優れた循環システムであり、落ち葉は土つくりに欠かせない最高の有機資源です。

それが今回の福島原発事故で、ここ里美地区の里山にも放射性物質が降り注ぎ、山は汚染されました。しかし、調べてゆくうちに汚染されたのは事故当時地表面にあった古い落ち葉で、今年落ちる落ち葉は大丈夫なことが分かってきました。そこで農家にとって生きる場であり、地域住民にも恵みをもたらす源である里山林をこれからも守り育ててゆくために、今年の秋が深まって新しい落ち葉が落ちる前に、汚染された落ち葉や枝などを運び出す一斉清掃をします。
何しろたくさんの人手が必要です。また低線量被ばくのリスクもある作業です。(とはいえ、林内地表の空間線量は0.16μSv/hrです)それでもこれからのことについて、考えているだけでなく、実際に体を動かしながら、里山の除染という現実に向き合ってみる。そんな一日をお手伝いくださる方を募っています。経験は問いません。誰にでもできる作業です。皆さんの参加をお待ちしております。

日時 2011年10月16日(日)午前9時より午後3時まで
集合場所 里美ふれあい館イベント広場駐車場
持ち物 作業に適した服装・帽子・軍手・長靴・マスク・弁当・水筒
作業内容 林の地面に落ちている去年の落ち葉を集めて運び出します。
*念のため子供の参加はご遠慮ください。
清掃する山の場所 里美地区大中町内2か所、小妻町内1か所。全部で3ヘクタールほどの美しい雑木林です。
運び出した落ち葉の保管について 運び出した落ち葉は、政府の処理方針が決まるまで1か所に集めて保管します。
申し込み 参加希望の方は10月12日までに必ず代表か事務局にご連絡ください。
問い合わせ 落ち葉ネットワーク里美 http://ochibanet.web.fc2.com/
代表 布施大樹 0294−82−2466 konosato@dreambb.jp
事務局 岡崎靖 0294−82−2206 okazaki@yugaku.net

キャプチャ.JPG
posted by かぜだより at 06:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜セット通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/229598331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。