2011年10月08日

誕生日に思う

41歳なのだ。 冷たい目で見ないで。

雑感をつらつらと。

体力の衰え
不惑の四十は訪れる気配もないが,厄年は確実にやって来る(笑)。もういよいよ無理が利かない。体力が再生可能エネルギーなのは若い頃だけ。食べて寝れば翌朝からみなぎっていた30代は何処へ。バッテリー消耗の速さはWimaxスマホ並みである。特に疲れると脳が働かなくなる。晩ご飯食べて風呂に入ったらもう使い物にならないので,最近は大きな判断は夜にしない!と言い聞かせている。

年の流れ
元来が常識のない人間なのだが,それでも勤め人時代は社会のルールみたいなものを身につけようという気は少なくともあった。それが最近は何だかもう。。

いろいろご縁を頂いて,結構スゴイ方とお話しさせて頂く機会も多いのだが,先方の肩書きとか実績とかに配慮した振る舞いが出来ない。話が面白いと目の前の「その人」に引き込まれて友達のように話してしまう。要するに失礼が多い(笑)。いや,笑ってる場合じゃなくて。年を取れば相応の礼節が自然に身に付くだろうと甘えていたずらに過ごしてしまった日々はもう戻らないのであった。

最近,勤めていた会社で大変お世話になった大先輩が定年を迎えた。13年も経つと,皆さん出世されるんだなーとしみじみ。20代で会社を辞めてしまったので,「偉い」というヒエラルキー感覚を自分は全く理解していない。学校の友人なんかもいい年なのでそれなりのポジションだったりして,へぇーと。

夏目漱石の定義で言えば自分にとって農業は道楽なので,どこまでが仕事で,どこまでがプライベートかという分け方を考えずにここまで来てしまった。つまり公私の区別がない。自分の中では農業も音楽も友人もお客さんもただフラットに存在している。そういう生き方で10年以上も過ごしてしまうと,人や世の中に対するスタンスが世間とずいぶんずれてしまっているのではないかと感じるのであった。


結論とか展望とか反省とかは何もなくこの項終わり。



posted by かぜだより at 04:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、価値観の違い発見。僕にとって農業は道楽とは程遠いっす。農業は、仕事か、道楽か、で議論しますか(笑)
Posted by うちやま at 2011年10月11日 08:09
結論ありきの議論で(笑)。
Posted by かぜだより at 2011年10月11日 15:59
あ、まただ(笑)議論にはならないですね。理想の農業について、だったら議論になりますかね?時間、人、自然、金、などなど・・・
Posted by うちやま at 2011年10月12日 22:07
それこそキャッチボールにならんじゃないか。
Posted by かぜだより at 2011年10月13日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。