2010年10月21日

畑の様子&虫

播種も残すところあとわずか。今週はほうれん草,かぶの年内から年明け採り。播種間隔を狭くして数日おきにドドンと播いている。小松菜は来週ドドン。真冬採りのからし菜も播き始めた。

虫は落ち着いてきたようだ。シンクイが葉物にチラホラ入っているし,ネットの中の冬キャベツもポコポコやられているが,まぁ大丈夫だろうという感じ。ハスモン,シンクイに押されて,今年はモンシロ,カブラハバチはあまり見ない。このまま気温が低めにいけば何とか。

今年は秋キャベツの1-3番手のみさき系が8割がたやられた。今ちょこっとだけ出しているのが終わると11月後半までキャベツがないもうやだ〜(悲しい顔)

スティックセニョールは乾燥で成育が遅れて,ようやく頂花蕾を採ったところ。3割くらいはハスモンに枝だけにされた。

以下写真で。

大根は現在採っているのは9/2播きの関白で,下の写真がその次以降のメインの3口。

写真は冬自慢,冬採り聖護院,おふくろ。9/9,17,22日播き。17までは播種後間引きまで不織布べたがけ。22はかけきれずに無被覆。9の口は被覆しなかったらおそらくシンクイでボロボロ。間引き・追肥・中耕まで終わったところ。見にくいが,右端から鉄塔までが9日分。その先が17日分。22日のは写っていない。

大根10-10-20-3.jpg

現在採っている 小松菜5番手 はっけい この時期はまだ一口20mくらいを10日で採り切る感じ。宅配セット3回分とレストラン・直売所で少し足りないくらい。不織布を剥がすタイミングが難しいが,収穫1週間前から風に当てるとだいぶがっちりする。

小松菜10-10-20-2.jpg

天然のBTで死んだハスモンヨトウ 今年はあまり見ない。

こじゃり10-10-18.jpg


まだ孵化している。上記の小松菜で卵塊を数ヵ所発見。クリックで拡大。

ハスモン10-10-18.jpg


ネットの上でうごめく奴ら
虫10-10-08-1.jpg虫10-10-08-3.jpg虫10-10-08-2.jpg

posted by かぜだより at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 畑情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「8割」やられたみさき系だけ、特別虫の多い畑(周辺環境も含めて)に作付けたのでしょうか?

パオパオ被覆でも、10月初旬くらいまでだとヨトウムシ、シンクイは入るし。ほうれん草がずい分前から取れているようなので、うらやましいです。

当方は、すべて「特別虫の多い畑(周辺環境も含めて)」なので、虫見しないと、一つもアブラナ科とれないだろう、という(虫見しても、結局つぶしたりもしている。ほうれん草も、9月中旬まきまでつぶした)、この秋、色々考えてしまいます。
Posted by とびら at 2010年10月24日 04:59
とびらさん

>「8割」やられたみさき系だけ、特別虫の多い畑(周辺環境も含めて)に作付けたのでしょうか?

横が草になってました。あと早い口なので太陽熱が利いておらず,ネットの中も草になりました。

>パオパオ被覆でも、10月初旬くらいまでだとヨトウムシ、シンクイは入るし。

今年の場合,何をやったからどれだけ防げたのか,がよくわかりません。圃場環境が大きい気もします。

とびらさんの状況を伺うと言葉もないですが,僕も今年はさすがにいろいろ考えてしまいました。





今年の場合,
Posted by かぜだより at 2010年10月24日 19:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166631212

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。